スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんは一人で立つのが好きですか?

投稿日:

赤ちゃんは一人で立っているのが好きですか?体のバランスはとれますか?もし、赤ちゃんが嫌がっているようなら、無理やり赤ちゃんを立たせようとはしないで下さい。赤ちゃんを驚かせることにもなって、正常な発達を妨げることになりかねません。

まだ、赤ちゃんには早すぎるのでしょう。赤ちゃんの足が弱く頼りない時や倒れるのをこわがっている時には、手を貸してあげましょう。また、直立の状態に慣れさせるために、赤ちゃんといっしょにバランスをとる遊びをしてあげることもできるでしょう。

赤ちゃんは一人で座ることが好きですか?体のバランスがとれますか?赤ちゃんが座った時、まだ不安定に感じるようであれば、あなたが手を差し延べてあげましょう。また、その時、赤ちゃんの体がゆらゆら揺れているようなら、体のバランスをとる遊びが役に立っかもしれません。

たとえ歩くことに興味があっても

たとえ歩くことに興味があっても、赤ちゃんが肉体的な条件を満たしていなければ、うまく歩くことはできません。つまり、赤ちゃんは、手足の骨や筋肉の重さとその長さとのバランス、胴体と手足の長さとのバランスがそれそれとれていなければ、上手に歩くことはできない。

初めての歩行物と物との関係を理解し、さまざまな体験を積んできた赤ちゃんは、自分の足で歩くことの意味は分かるのですが、なぜ歩かなければならないのか、その意味がまだ分かりません。赤ちゃんには歩くことが面白いという特別な動機が必要なのです。

赤ちゃんは手引きしてもらって歩くことが好きですか?体のバランスがとれていますか?あなたの赤ちゃんが歩くことを楽しんでいるようなら、手を貸してあげましょう。赤ちゃんは、ふつうバランスがとれず不安定ですから、体をしっかり支えてあげて下さい。また、あなたの赤ちゃんが言葉や音声、音楽など、他のものに興味を奪われているなら、歩くことに関心を向ける時間がないかもしれません。人は一度に何もかもできるわけではありませんから。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いて …

no image

生後一年の間に赤ちゃんが越えなければならない試練

新しい感覚を受け入れるために、赤ちゃんには時間が必要ですし、不安を取り除き自分を守ってくれる場所もほしくなります。そこで、赤ちゃんは自分のリズムに従ってこの世界で成長していくために、再びママといっしょ …

no image

いい子すぎる子の評価

誤って「よい子」と評価されたことによる犠牲者。そのような誤った「よい子」の評価は、大人のいうことをよくきく子、おとなしい子、きちっとしている子、まじめな子に向けられています。それが、自発性の発達を抑圧 …

no image

子供が反抗しないのは逆に問題

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さ …

no image

心の成長のための栄養源は甘えること

「甘えられる」は子どもの生きる力を生む源、心の成長のための栄養源です。大好きな人に身も心もゆだねて甘えられたらこんなにうれしいことはないでしょう。自分の気持ちに釘を刺されず、相手から心のシャッタ「を下 …