スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんと飛行機遊びなどで遊ぼう

投稿日:

赤ちゃんはあなたの手を借りて、からだ全体を動かすような遊びがとりわけ好きになります。同じ動きばかりが続く遊びより、むしろ次々と変化するような遊びをしてあげる方がよいでしょう。やさしい動きやゆっくりした動きで、赤ちゃんがその動きについていけるようなユニークな遊びをしてあげましょう。

振り子遊び

動きに合わせて、高い声で速く「チックタック」、低い声でゆっくり「ポーンポーン」と音を出したり、家にあるオルゴール時計のまねをしたりして下さい。赤ちゃんをあなたの膝の上にのせ、赤ちゃんと向かい合わせになり、体をしっかり支えながらゆっくり左右に揺らせてあげるのです。高い音や低い音、ゆっくりした音や速い音など、赤ちゃんが喜ぶようなさまざまな音を出してあげましょう。

そり滑り

あなたの胸やお腹に沿って、赤ちゃんを水面まで滑らせてあげましょう。あなたの胸の上で赤ちゃんの体を支え、そのまま、ゆっくり赤ちゃんを床まで滑り下ろしてあげる。あなたは床やソファーの上に背中をまっすぐにして座ります。この時、動きに合わせて「シュルシュル」という、そりが滑る音をいっしょに出して下さい。また、あなたといっしょにお風呂に入っている時、湯船でこの遊びをするのが大好きな赤ちゃんもいるでしょう。

飛行機遊び

赤ちゃんをゆっくり抱き上げ、その動きに合わせて、大きさや調子を変えた音を出してあげます。あなたの目の高さまで降ろしたら、赤ちゃんの顔を肩のくぼみの位置まで近づけ、赤ちゃんの首に属をこすりつけて軽くキスしてあげましょう。赤ちゃんがすぐにその動作を期待してロを開けたなら、そこにあなたの唇を重ねてあげるのです。赤ちゃんを頭の上まで抱き上げると、自然に赤ちゃんは体の筋肉をしっかり緊張させるでしょう。それから、飛行機の音を出しながら、急降下を開始します。飛行機遊びを繰り返してほしい場合は、赤ちゃんが再びロを開けて、同じ動作を待つようになるでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供と休日にお出かけする際に車を使わない

サービスという形をとる場合には、運転者としてのお父さんは疲れるばかりで、そうしたサービスは永続きはしません。ついには、お父さんだけがレジャーを楽しみ、お母さんや子どもたちは家にごろごろしているという休 …

no image

お母さん自身が愛情という心のご馳走をもらっていなければ

あるお母さんは、小学校三年生になるお嬢さんが人間関係がうまくつくれず、そんな自分を責めて自虐的な行為を繰り返すようになってしまったという。お嬢さんには大きな期待をかけ、激しく叱りつけながら、ご自分の期 …

no image

言葉は道具である

プロセスをほめたりしたら、「がんばったし、お母さんもほめてくれたからいいや」と向上を目指さなくなるのでは?なんて心配する必要はありません。お母さんからのほめ言葉は、どんなときでも子どもにとって大きなエ …

no image

母親の2つのタイプ

お母さんには大きく二つのタイプがある。二つのタイプは、お母さんに特化したものではなく、人のタイプといってもよいのですが、ひとつのタイプは、感受性や情緒が豊かで、いろいろなことを受け入れる柔軟性があり、 …

no image

子供の要求が多いのに全て叶えてあげてしまうと

四歳になるTくん。ガムやお菓子、おもちゃなど、「ママこれ買って」というモノは、「また買うの?しょうがないなあ」と思いながらも、「はいはい、わかった」と買ってあげ続けたそうです。ところが年齢が大きくなる …