スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんは部屋全体を探索することができる

投稿日:

赤ちゃんは部屋全体を探索することができる。そして、赤ちやんが家族の一人一人と顔を合わせるようになるので、あなたは赤ちゃんが初めて家族の一員であると自覚するようになるでしょう。声を認識する新しい能力のおかげで、赤ちゃんはさらに反応がよくなります。声のトーンや大きさの変化が分かるようになり、グーグー音を出したり、小さく叫んだりして自分でもそれを試そうとするでしょう。

誕生直後には、あなたの赤ちゃんも音のする方向に視線を向ける反射の動きを見せてくれました。このような反射は生後五週目から八週日にかけて消えましたが、今では同じ動きを意識的にすることができますし、反応もより速くなっています。ときには、頭を同時に回しながら、目を上手にコントロールして人や物を追いかけられますし、遠ざかったり近づいた%する物や人の動きを追いかけることもできます。

喉のコントロールが上手になると、物を飲み込むことがさらに容易になります。身心ともに著しく発達するにせよ、あなたの赤ちゃんは急速な成長による大きな変化、にまだ十分対応することはできません。ですから、物を上下左右に素早く動かしたり、いきなり動き方を変えたりすると、残念ながら赤ちゃんは目で追うことができません。

赤ちゃんをよく観察していれば

赤ちゃんをよく観察していれば、赤ちゃんの好みがすっかり変わっていることに気が付くでしょう。ほとんど支えがなくても、頭をまっすぐ立てられる(首がすわる)、何かを見たり音を聞いたりする時、頭をスムーズに動かせるなどです。

あなたの赤ちゃんは一二週目くらいになると、移り変わる、新しい世界に入っていきます。この時期にどんな行動を始めるのかは、もっばら赤ちゃんの好みによるか、そんな機会を与えられるかによって左右されます。自分の体をコントロールする訓練を喜ぶ赤ちゃんもいれば、身の周りにある物を何でも試してみることに興味を示す赤ちゃんもいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の意欲-危険に挑戦しようとする気持ち

お母さんやお父さんは、けがをされては困るという気持から、子どもの冒険をとめるでしょうが、冒険によって生ずる小さなけがは、大きなけがを防ぐのに役立ちます。このことは二十年余りにわたって実施してきたわれわ …

no image

三歳から四歳にかけてのしつけのポイント

三歳から四歳にかけて年齢は、自分の欲望ばかりいい張らずに、大人の要求をきき入れる部分が多くなってきます。その点で、このころにお友だちと接触する機会を与えることが必要になります。お友だちを与えてみますと …

no image

子供の甘えを受け入れられないのはよくない

お母さんとの関係は、「人見知り」が始まってから、だんだんと緊密になっていきます。他の家族より、お母さんに寄りすがることを好むでしょう。それを受け入れることによって、お母さんのよいイメージが子どもの心に …

no image

出産直後の赤ちゃんとの時間

母親は何よりもまず、赤ちゃんを上手に取り扱うことに自信をつけること。そして赤ちゃんの要求に応えてあげることのできる十分な感受性を身に付けることが大切です。赤ちゃんを腕に抱いてあげるだけでなく、母親は自 …

no image

子供の気力や意欲を失わせないために

子供に「塾をさほるなんてどういうこと?勉強が遅れて成績が下がってもいいの?」「髪を金髪に染めるなんて許しません。学校でも禁止されているし、ご近所にもみっともないでしょ!」このように言われ続ければ、子ど …