スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの周りの世界が変化していることを認識する能力

投稿日:

赤ちゃんがさまざまな感覚を使って、周りの世界が変化していることを認識する能力。例えば、人の話し声のトーンが変化することや、猫が音も立てずに廊下を通り過ぎること、雲間を動く太陽によって部屋の明るさが変わることなどです。周りの状況が刻々と変化していることを発見することで、赤ちゃんの世界はより明確なものになっていく。

最初の行動は、まるでマリオネットのよにぎこちないものでしたが、一二週目ぐらいになるといく分変化が見られます。ちょうどピノキオと同じように、あなたの赤ちゃんも人形から本物の人間へと変身する準備をしているのです。もちろん、このような変身は、たった一晩で起こるようなものではありませんし、両親がすぐに気が付くような肉体レベルでの赤ちゃんの動きについてのことだけではないのです。

細かい変化を捉えることによって、赤ちゃんは新たな世界を楽しむことができるわけですが、新たな世界に入っていくことは、そんなに簡単ではありません。周りの世界は目の前で、急に姿を変えたり、一晩やそこらですっかり変わってしまうこともあるのです。赤ちゃんの日にも花の色は移ろいやすい、ものなのです。

大きな変化が現われた時

大きな変化が現われた時、ほとんどの赤ちゃんは大声で泣くことが多くなり、その購欄も長くなります。心が慰められないために泣く赤ちゃん、腹を立ててぐずぐず駄々をこねる赤ちゃん、うんざりして無気力になる赤ちゃんなど、さまざまです。

すべてが目新しいこんな状況の中で、ママだけはいつもと変わりません。赤ちゃんは、ちょうど嵐の海で波間に揺れるボートのようなものです。これから迎える成長のステップの時期に、ママの胸にすがりついて泣くのも無理はありません。でも、赤ちゃんが手に負えなくなるこの時期は、以前ほど長くは続きません。まる一週間かかる赤ちゃんも中にはいますが、ほんの一日でいつもの状態に戻る赤ちゃんもいるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が買い物で食べ物などをねだる行為

赤ん坊でも、八、九ヵ月になれば、お腹がすいて泣いていても、「もうすぐできるから、待っていてね」といいますと、その言葉の意味はわからなくても、その声の調子で、ちょっとの間は待つことができるようになります …

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医 …

no image

子どもの力を信じることが必要

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日 …

no image

テレビを見る時間を子供と約束する

その時間がきたらば、必ずスイッチを切るーといったけじめのある生活を教えることが大切です。その点で、お母さんもお父さんも、自分自身がテレビに対してけじめをつける努力をしなければならない。 小学生ともなれ …