スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの周りの世界が変化していることを認識する能力

投稿日:

赤ちゃんがさまざまな感覚を使って、周りの世界が変化していることを認識する能力。例えば、人の話し声のトーンが変化することや、猫が音も立てずに廊下を通り過ぎること、雲間を動く太陽によって部屋の明るさが変わることなどです。周りの状況が刻々と変化していることを発見することで、赤ちゃんの世界はより明確なものになっていく。

最初の行動は、まるでマリオネットのよにぎこちないものでしたが、一二週目ぐらいになるといく分変化が見られます。ちょうどピノキオと同じように、あなたの赤ちゃんも人形から本物の人間へと変身する準備をしているのです。もちろん、このような変身は、たった一晩で起こるようなものではありませんし、両親がすぐに気が付くような肉体レベルでの赤ちゃんの動きについてのことだけではないのです。

細かい変化を捉えることによって、赤ちゃんは新たな世界を楽しむことができるわけですが、新たな世界に入っていくことは、そんなに簡単ではありません。周りの世界は目の前で、急に姿を変えたり、一晩やそこらですっかり変わってしまうこともあるのです。赤ちゃんの日にも花の色は移ろいやすい、ものなのです。

大きな変化が現われた時

大きな変化が現われた時、ほとんどの赤ちゃんは大声で泣くことが多くなり、その購欄も長くなります。心が慰められないために泣く赤ちゃん、腹を立ててぐずぐず駄々をこねる赤ちゃん、うんざりして無気力になる赤ちゃんなど、さまざまです。

すべてが目新しいこんな状況の中で、ママだけはいつもと変わりません。赤ちゃんは、ちょうど嵐の海で波間に揺れるボートのようなものです。これから迎える成長のステップの時期に、ママの胸にすがりついて泣くのも無理はありません。でも、赤ちゃんが手に負えなくなるこの時期は、以前ほど長くは続きません。まる一週間かかる赤ちゃんも中にはいますが、ほんの一日でいつもの状態に戻る赤ちゃんもいるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

成功するために失敗を体験させることも大事

もし、子どもがそば屋さんのまねをしていて食器を落としてこわしてしまったとしたら、どのように扱ったらよいでしょうか。そのような冒険心の現われに喜びを感じている両親であれば、そば屋さんの持ち方ができるよう …

no image

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲 …

no image

子供に失敗を体験させよう

子供に失敗の体験をさせよう。もし、破損しそうになったときには、「こうすればこわれないよ」といって、その扱い方を教えます。そのとき、いっしょに手を添えて教えることもよいでしょう。しかし、それにも耳を貸さ …

no image

思春期に暴れる子供に分かってもらうには

今の若いお母さんたちには、「自分の子育てはこれでいいのかしら」と絶え間ない不安を感じていらっしゃる方が多いようです。「こんなことでは子どもがきちんと育っていかないのではないかしら」「将来、こんな子にな …

no image

三歳から四歳にかけてのしつけのポイント

三歳から四歳にかけて年齢は、自分の欲望ばかりいい張らずに、大人の要求をきき入れる部分が多くなってきます。その点で、このころにお友だちと接触する機会を与えることが必要になります。お友だちを与えてみますと …