スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの反応がないかちゃんと観察しましょう

投稿日:

新生児はキューピー人形のようにかわいい姿をしています。自慢するかのように、目立って大きな頭は背丈の三分の一もあります。それに、丸い大きな目とふっくらした真ん丸いほっぺは何とも言えません。

あなたの赤ちゃんは、生きていくために朝も昼も晩も、自分の必要を満たしてくれる人の手に身を委ねなければなりません。そのため、自然の女神は赤ちゃんにとっておきの秘密兵器を授けたのです。赤ちゃんは、すごく上手にそれを使っています。それは赤ちゃんの愛らしい姿なのです。

新生児は音楽を聴くのがとても好きです。どんな音楽が好きなのかを見つけて、あなたの赤ちゃんにもそれを聴かせるようにしましょう。音楽は赤ちゃんの心を落ち着かせる効果があるのです。

目覚めた時に目にはいる枕元など、適当な場所に、いつも赤ちゃんの興味を引く物を置いてあげて下さい。この月齢では、まだ自分から物を探すことはできません。次のようなことわざは赤ちゃんにも当てはまるわけです。「去る者は日々に疎し」(いつも見かけない物は、やがて忘れ去られてしまう)。

ラジオが鳴っている時には

ラジオが鳴っている時には、あなたの声だけを聞き分けることは難しいようです。赤ちゃんは一度に一つずつなら異なる声を聞き分けることができますが、同時に話されるとそれぞれの声を聞き分けることはできません。

どんな遊びをするにせよ、赤ちゃんの反応をよく観察することが大切です。反射は、赤ちゃんにとって不都合な状況を正常に戻すために、生まれつき赤ちゃんに備わった機能です。しかし、寒すぎたり暑すぎたり、あるいは気分が悪かったり、退屈しているような場合は役に立ちません。そんな時、赤ちゃんはもう一つ別の戦略を用いて状況に対処しようとします。自分から大きな泣き声を上げて、誰かがその状況を変えてくれるのを待つのです。

赤ちゃんは大人の助けを借りなければ、そんな不快な状況から脱け出すことができませんから、もし誰も手を貸してくれない時には、へとへとに疲れるまで声を限りに泣き続ける。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの歩き始めの時期

どんな子供でも、ほぼ同じ月齢になると、この扱いにくい時期、が訪れます。その時期の始まりについては、一、二週間の誤差はありますが、それが必ず訪れることだけは確かです。一年後、赤ちゃんが自分で歩き始めた頃 …

no image

自分はどういう親から生まれてきたのかを整理する作業

数えることすらできないほどの数の祖先たちの論が紡がれ、あなたは存在している。あなた自身もその命のリレーの紡ぎ手なのです。それだけでもあなたがこの世に存在する大きな大きな意義があります。親がいたからこそ …

no image

赤ちゃんが物をつかむ最初の試みは失敗する

赤ちゃんが物をつかもうとする最初の試みは失敗します。でも、赤ちゃんのそんな努力をほめてあげ、できるだけ手を貸してあげて下さい。飽きずに動かしている手で簡単につかめるようなオモチャを置いてあげましょう。 …

no image

子供の要求が多いのに全て叶えてあげてしまうと

四歳になるTくん。ガムやお菓子、おもちゃなど、「ママこれ買って」というモノは、「また買うの?しょうがないなあ」と思いながらも、「はいはい、わかった」と買ってあげ続けたそうです。ところが年齢が大きくなる …

no image

子供が注意を聞かない場合に聞かせる方法

「何が悪い小学生以上の子であれば、いけないことをしたときに、「そんなことをしたらもったいないんじゃない?」「あなたとしたことがもったいないわよ」「それじゃあ、あなたの値打ちを落とすことになるわよ」とい …