スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんへの母親の不安

投稿日:

赤ちゃんは全く新しい世界に投げ出され、驚きながらもさまざまな刺激に立ち向かおうとしています。それは簡単なことではありませんから、あなたの手助けを必要としている。赤ちゃんが困難な時期を迎えていることを、よく理解してあげて下さい。「病気なのかしら?」「どこか異常があるのかな?」といった問が当然、生まれてくるわけです。でも、大抵このような心配も取り越し苦労にすぎず、逆に赤ちゃんが順調に成長している証拠。

以前は元気がよかったのに、すっかり甘えん坊になり、いつも泣いてばかりで寝付きも悪く、あまり食欲がない赤ちゃんの姿を見ると、母親が不安になるのも当然です。たぶん、赤ちゃんの元気がなく、あまりおしゃべりしなくなったので、赤ちゃんの成長が遅れているのかと心配になったり、最近やっと身に付いた自立性もなくなってしまったのかと思うのかもしれません。母親は子供の成長をずっと望んでいますから、たとえ短期間にせよ成長が止まることは不安を駆り立て、どうなってしまうのだろうと自問することになるのです。

自分の苛立たしい気持ちを抑えきれない

ときどき、母親は自分の苛立たしい気持ちを抑えきれないこともあって、赤ちゃんにそのはけ口を向けることもあります。あなたの赤ちゃんに苛々して腹が立つことがあったとしても、決して赤ちゃんを強く揺り動かしてはいけません。まだ幼い赤ちゃんを強く揺り動かすと、頭蓋骨の下に直接つながる脊髄に内出血を起こす恐れがあり、脳障害の原因になったり、死につながったりすることを忘れないで下さい。

この時期は、予定していた授乳時間や睡眠時間が大幅にくずれ、母親はうんざりするかもしれません。どんな計画も立てられず、日常生活のリズムはすっかってしまうのです。母親は家族や友人にも気を遣うことになります。不安に苦しむ赤ちゃんを何とかして助けてあげようとする母性本能とは裏腹に、身近な者は、ただ赤ちゃんを共やかしている、と思うだけなのです。そのため、母親は出口の見えないジレンマに陥ることが多いようです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子育てでのしつけは叱ることが全てではない

「ちゃんとした子にするには厳しく言って聞かせなくちゃ」「きちんと叱らないと悪いことも悪いとわからない子になってしまう」そのように考えていらっしゃる方が多いのでしょう。子育ての中では叱って教えることが必 …

no image

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりし …

no image

ある共働き夫婦の生活

嫁が姑と顔を合わせたくなければ、それも実現できるように、家を仕切ってあります、というある家庭。もちろん、食事は別です。食事をいっしょにしたのでは、嫁がかわいそうです。夫の好きな食べ物を、年寄りが好むと …

no image

黙っていてもわかり合うことができる関係に

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ …

no image

叱る親を子供が嫌いになってしまったら

「させよう、させよう」と事柄ばかり重視し、厳しくしっかりしっけていこうという思いをもつのは、それはそれで親の愛情のひとつの表れでしょう。とても愛情のあるお父さん、お母さんだと思います。でも叱ったり、命 …