スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの興味に沿って冒険の旅に手を貸してあげて下さい

投稿日:

あなたに音楽のセンスがないのに、赤ちゃんが音に対してひどく敏感でも心配はいりません。赤ちゃんは何もシンフォニーが聴きたいわけではなく、話しかけてもらったり、鼻歌を口ずさんでもらったりしたいだけです。

あなたは母親として、赤ちゃんの興味に沿って冒険の旅に手を貸してあげて下さい。でも、やり過ぎには注意して下さい。ひょっとして、あなたは赤ちゃんに将来野球選手になってほしいと願って、赤ちゃんの手にボールをもたせようと練習するかもしれませんが、赤ちゃんは自分の好きなようにオモチャとお話がしたいのです。ですから、赤ちゃんの好みを考慮に入れながら、赤ちゃんが自分で楽しむ時間を作ってあげましょう。

赤ちゃんは身の周りにある物を識別するだけでなく、そこから出る音や匂い、味、肌ざわりなども識別するようになります。言いかえれば、自分のもっている感覚を総動員して、周りにある物を認識するようになるわけです。

オモチャをつかもうとしたりする

また、あなたの赤ちゃんは周りの世界を自分自身とが一つの宇宙であると認識することはありません。物の形やその様式、基本的なしくみなどを認識し始めます。例えば、自分にはかわいらしい手があることを発見して動かしてみたり、オモチャをつかもうとしたりするのです。

このような新しい認識力は体の外で起きることに限定されず、体の内部で起きることにも広がっていきます。例えば、腕を上げたなら、腕を下げていた時とは違った感覚があることなども分かるようになるのです。同時に、身体組織を自由にコントロールする能力も身に付いてきます。

頭や胸、腕、足だけでなく、体の細部にわたって動きをコントロールできるようになります。顔の筋肉もコントロールできるようになるため、顔をしかめたりして表情を変えるようにもなります。声帯も一定の形を保持できるために、破裂音を出せるようになります。また、目の筋肉のコントロールもできるようになり、対象物に焦点を合わせることが楽になります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんはいつも同じ物を見て退屈しています

赤ちゃんは生まれて初めて、同じオモチャ、同じ景色、同じ音、布や物質の同じ感触、同じ味覚などにうんざりする。赤ちゃんはさまざまな変化が好きで、そこから多くのことを学び取るのです。もし、赤ちゃんが退屈して …

no image

子どもの気持ちは不安定-あなたが分かってあげよう

世の中はお父さんを元気づけたいという思いのほか、「パパに嫌われたくない」「パパとママがケンカしているのはボクのせいじゃないか」が渦巻ていたのだと思います。そのお父さんには「パパはママのことが大好きだ」 …

no image

同じ境遇の人でも育ち方で差ができる

かつて企業の社員教育研修で講師をしていたとき、とても対照的な二人の男性がいました、というある人。ひとりをAさん、もうひとりをSさんと呼びましょう。AさんとSさんは同じような学校を出て、同じような環境の …

no image

両親で話し合いをしているか?

話し合いの伝統がなかったわが国の過去の歴史から考えますと、さて話し合いをーとなると、水くさかったり、どのようなことから話し合いを行ったらよいかわかを感ずる方も少なくないと思います。その点で欧米の家庭の …

no image

子供の冒険心の現われというべき行動

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上 …