スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している

投稿日:

生後一年の間、適切な手助けと励ましを与えてやれば、何かと要求の多い赤ちゃんは将来、優等生になる可能性もあります。静かでおとなしい赤ちゃんは、あまり母親の注意を引きませんから、見過こされることも多くなります。のん気で穏やかなそんな赤ちゃんは長所を引き出してやるために、より多くの励ましと刺激を与えてあげましょう。

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している時、学習欲が強くなります。あなたが赤ちゃんの性格に適した物を与えてやれば、赤ちゃんはより速く、簡単にしかも楽しく学習できるのです。欲求の強い赤ちゃんは、当然注意力もすぐれています。ですから、母親が自分に興味をもたせ、満足を与えようとしてくれることを知っています。

実際に、赤ちゃんがどれだけ楽しく周りの世界やオモチャ、自分の手足などを観察しているのか、床にあおむけになることがどれだけ気に入っているのか、などに注目します。それで、赤ちゃんがこの月齢になると、多くの母親はベビーサークルを使うようになります。これは赤ちゃんの手の届くところにオモチャをぶら下げておくのに便利です。

お気に入りの活動を思い出して下さい

あなたの赤ちゃんがお気に入りの活動を思い出して下さい。ここで注意してほしいのは、今のところまだ役に立たないものでも、もっと先になってふさわしい時期がくれば、赤ちゃんに役立つ遊びもあることです。赤ちゃんが自分の手や足を観察するための機会や場所をたくさん与えてあげましょう。赤ちゃんが手足の細かい動きを身に付けるには、自由に動けなければならないのです。

赤ちゃんはそのオモチャをたたいたり、前後に揺らして遊ぶことができるのです。母親はできるだけ長く赤ちゃんを楽しませようとして、赤ちやんがそれに退屈してきたことが分かると、すぐに新しいオモチャを与えるわけです。この月齢の赤ちゃんは「ママの手を借りながら」、一五分程度続けてオモチャで楽しむことができます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

お母さん自身が愛情という心のご馳走をもらっていなければ

あるお母さんは、小学校三年生になるお嬢さんが人間関係がうまくつくれず、そんな自分を責めて自虐的な行為を繰り返すようになってしまったという。お嬢さんには大きな期待をかけ、激しく叱りつけながら、ご自分の期 …

no image

子どもの食欲やからだの発育発達の「個性」を大切にすること

子どもの食欲やからだの発育の「個性」を大切にすることが必要です。子どものからだの発育の「個性」は、大きい子もあり小さい子もあり、太っている子もありやせている子もあり、さまざまな発育となって現われます。 …

no image

赤ちゃんの寝付きが悪いことはありませんか?

赤ちゃんの寝付きが悪くはありませんか?赤ちゃんがひどく神経質になっている時は、以前ほど眠らないこともよくあります。寝室に連れて行ったとたんに、赤ちゃんが大声で泣き出すこともあるでしょう。そのため、とき …

no image

赤ちゃんはさまざまな感覚を使って新しい能力を身に付ける

赤ちゃんは、さまざまな感覚を使って、一連の新しい能力を身に付けようとする赤ちゃんもいれば、もっぱら日に見える世界で何か新しい物を探し出そうとする赤ちゃんや、コミュニケーションの能力を試そうとする赤ちゃ …

no image

山登りなどの経験のない子供

ある合宿での話。初めはなかなかそれに応じなかったそうですが、だんだんにお母さんといっしょになって泥遊びを楽しむことができるようになり、ついに戸外で遊ぶことを楽しめるようになると、次々とお友だちが遊びに …