スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している

投稿日:

生後一年の間、適切な手助けと励ましを与えてやれば、何かと要求の多い赤ちゃんは将来、優等生になる可能性もあります。静かでおとなしい赤ちゃんは、あまり母親の注意を引きませんから、見過こされることも多くなります。のん気で穏やかなそんな赤ちゃんは長所を引き出してやるために、より多くの励ましと刺激を与えてあげましょう。

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している時、学習欲が強くなります。あなたが赤ちゃんの性格に適した物を与えてやれば、赤ちゃんはより速く、簡単にしかも楽しく学習できるのです。欲求の強い赤ちゃんは、当然注意力もすぐれています。ですから、母親が自分に興味をもたせ、満足を与えようとしてくれることを知っています。

実際に、赤ちゃんがどれだけ楽しく周りの世界やオモチャ、自分の手足などを観察しているのか、床にあおむけになることがどれだけ気に入っているのか、などに注目します。それで、赤ちゃんがこの月齢になると、多くの母親はベビーサークルを使うようになります。これは赤ちゃんの手の届くところにオモチャをぶら下げておくのに便利です。

お気に入りの活動を思い出して下さい

あなたの赤ちゃんがお気に入りの活動を思い出して下さい。ここで注意してほしいのは、今のところまだ役に立たないものでも、もっと先になってふさわしい時期がくれば、赤ちゃんに役立つ遊びもあることです。赤ちゃんが自分の手や足を観察するための機会や場所をたくさん与えてあげましょう。赤ちゃんが手足の細かい動きを身に付けるには、自由に動けなければならないのです。

赤ちゃんはそのオモチャをたたいたり、前後に揺らして遊ぶことができるのです。母親はできるだけ長く赤ちゃんを楽しませようとして、赤ちやんがそれに退屈してきたことが分かると、すぐに新しいオモチャを与えるわけです。この月齢の赤ちゃんは「ママの手を借りながら」、一五分程度続けてオモチャで楽しむことができます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

人生は喜びに満ちていると子どもに教えてあげましょう

親である自分も、そしてわが子もせっかくこの世に生まれたのです。一回限りの人生を生きているということを思えば、どうせなら楽しく喜びに満ちた人生を生きていきましょう。子どもにも楽しく喜びに満ちた人生を生き …

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいという言葉

長男の場合、一家の期待や親の願望を背負わされて、小さい頃から。勉強のできる優等生のいい子、でいることを強いられていることも少なくありません。長女なら弟妹たちのお世話やお母さんの手伝いなどを進んでしてく …

no image

親の子供に対する異常なまでの過保護

ある校長先生は、新任の先生に向かって、「校内ではけがをさせないようにしてほしい」といったそうです。自分の身にふりかかる面倒を避けようとしていったのでしょう。そこで、子どもたちが全力をあげて活動しようと …

no image

子供が注意を聞かない場合に聞かせる方法

「何が悪い小学生以上の子であれば、いけないことをしたときに、「そんなことをしたらもったいないんじゃない?」「あなたとしたことがもったいないわよ」「それじゃあ、あなたの値打ちを落とすことになるわよ」とい …