子育て

赤ちゃんの歩き始めの時期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな子供でも、ほぼ同じ月齢になると、この扱いにくい時期、が訪れます。その時期の始まりについては、一、二週間の誤差はありますが、それが必ず訪れることだけは確かです。一年後、赤ちゃんが自分で歩き始めた頃に、このような成長のステップが終わるわけではありません。場合によっては、一年に満たないうちに、後ほど訪れる別の成長のステップに到達することもあるのです。つまり、六四週目(約一五カ月)、七資料が分析されています。

生後一年(一カ月)の間に成長の大きなステップが八回あって、つまりその始まりは、生後第五週目(約一カ月)、八週目(約二カ月)、一二週日(約三カ月)、一五週目(約三カ月半)、二三週目(約五カ月)、三四週目(約八カ月)、四二週目(約一〇カ月)、五一週日(約一二カ月)頃で、いずれの時期も、最初は赤ちゃんが泣いて母親に甘えることが特徴になっています。

また、次に訪れる扱いにくい時期までの間隔は短く、平均すると三、四週間くらいです。赤ちゃんの成長が進むと、身心の変化がさらに複雑になってくるために、それが定着するまで長い時間が必要となります。したがって、この扱いにくい時期、も長引いて一〜六週間続くこともあります。

子供にも必ず訪れる扱いにくい危険な時期は

あなたの子供にも必ず訪れる扱いにくい危険な時期は、さほど長くは続きません。せいぜい数日の間、続くだけです。しかし、初めて子供をもった若い両親は、赤ちゃんが理由もなく大声で泣き叫ぶことにひどく驚き、その期間が実際よりずっと長く感じるものです。

そのような身心の変化にひどく驚く赤ちゃんもいれば、さほどでもない赤ちゃんもいて、個人差がありますが、どんな赤ちゃんでも身心の大きな変化、に、ある程度まで悩まされるということです。大きな変化、は、いずれも赤ちゃんの神経組織で起きる変化と密接に関係しています。ですから、飛躍的な成長のステップは妊娠期間を基準にして計算することになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加