子育て

赤ちゃんが安心や心の安らぎや保護を求めるのは当然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンシップは、赤ちゃんが子宮の中にいるような安心できる世界を再現するのに最適な方法です。それは赤ちゃんの心の支えになるのです。赤ちゃんの頭には子宮が自分の体を包み込み、あなたが動くたびに体をマッサージしてくれた記憶が残っています。

赤ちゃんは自分の力で呼吸しなければならず、お乳を吸うことに慣れたり、新しい食べ物を体の各組織で消化吸収したりしなければなりません。赤ちゃんにとっては、すべてが初めての経験なのです。生活の中でこんなにも大きな変化に直面する赤ちやんが、心の安らぎや保護を求めるのも当然のことです。

子宮の中ではあなたの心臓の音や血液の流れる音、胃がゴロゴロ鳴る音などがいつも聞こえ、ちょうど家にいる時のような安心感があるのです。ですから、赤ちゃんが親しみを込めたスキンシップや耳慣れた音を聞くことが好きなのは、当然のことだといえるでしょう。

食事と適度な温度を保つことを除けば、生後四カ月目までの赤ちゃんにとっては、スキンシップを与えることほど大切なものはありません。スキンシップさえしっかり与えてやれば、たとえ何らかの理由で赤ちゃんと遊ぶ機会があまりなくても、その成長が遅れるようなことはないでしょう。

ママのスキンシップを受けて

また、赤ちゃんにゆっくりマッサージをしてあげましょう。このとき、十分に部屋を暖めておくことと、ベビーオイルを少し手に取って赤ちゃんの肌に直接塗ってゃきしくマッサージしてあげることが大切です。

ママのスキンシップを受けて子宮回帰する時、新生児は?何もかもが目新しいこの世界で、心の安らぎと支えを得たように感じるのだと思います。新生児はママのそばで横になったり、腕に抱かれたりすることが大好きです。あなた新の赤ちゃんにとって、こうすることが自分の体をコントロールすることを学ぶ何よりの機会となるのです。

もし、あなたが手を自由に使いたいと思うなら、「抱き帯」に赤ちゃんを入れて歩き回ればよいのです。生まれた時から赤ちゃんを快適に寝かせることができる便利な抱き帯もあって、それを使っている人もいるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加