スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

愛情不足の子の飢餓の連鎖から解き放ってあげよう

投稿日:

嫉妬とは自分にないものをもっている相手へのねたみの感情です。親子関係が寂しいまま育ってきた人は、子どもをかわいがりたくても、心のどこかに「私はしてもらえてこなかったのに」という思いをもってしまい、心の底から子どもに愛情をかけることができにくくなります。子どもをかわいく思えない気持ちがある、子どもと触れ合うことになぜか抵抗がある、このようなお母さんは、ご自分の心の中にあるものを一度見つめ直してみてください。

お子さんを愛情飢餓の連鎖から解き放つためにも、自分の親にマイナスの感情を抱いているお母さんたちは、心の中のコップにたまっているドロドロした思いを一刻でも早く減らしていくことです。コップの中をきれいにして、お母さん自身がすっきりとした気持ちで生きていけるようになることが先決です。子どもに嫉妬してしまい苦しいとき自分がそこまでしてもらえなかったのにという気持ちがどこかにあると、してもらえている相手、幸せそうに見える相手に対して嫉妬の感情も生まれます。

親との関係はどうだったか

親との関係はどうだったか、その満たされない気持ちが自分と子どもとの関係にも出てきてしまっていないか、そこから問いかけてみる必要があります。自身が甘えられてこなかったことで、自分の中に嫉妬のような感情が生まれてきているということに気づき、「こんな嫌なところからは抜け出していこう」と思わない限り、「どうして心の底からかわいいと思ってあげられないのだろう」「なぜ自分は子どもにつらくあたってしまうのか」という自己嫌悪の苦しさから抜け出していくことはできないのです。

反省は「ここがいけなかった」「あそこがいたらなかった」と自分を責める作業です。とてもつらい作業ですから、する必要はありません。大切なのは知的に自分を見つめ、「何が原因なのか」を整理して気づいていくことです。「今の苦しみや生きにくさは私自身にあるのかもしれない」という視点に立つこと、「これはすべて私から発していることなんだ」と納得すること、そこが出発点です。見つめ直すというのは反省することとは違います。親から受けたどんなことが許せないのか、どのような言葉で傷ついたのか、自分がどのような育ち方をしてきたかを見直す作業をまずはしていきましょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

グレーゾーンを子育てに作ってあげよう

自分はいけないことをしたんだと子ども自身が納得するためには、事柄だけで決め付けず、子どもの思いに目を向けて、そうせざるを得なかった気持ちを汲み取ってあげることが先決なのです。たとえ子どもが万引きをして …

no image

動物の死を理解させるのも子供への教育

空腹の動物を見ていられないーその「思いやり」の気持はよくわかります。動物にはかわいそうですが、子どもに「思いやり」の心を育てるには、一時は、心を鬼にすることが大切になるのです。動物がどんなにかわいそう …

no image

ある共働き夫婦の生活

嫁が姑と顔を合わせたくなければ、それも実現できるように、家を仕切ってあります、というある家庭。もちろん、食事は別です。食事をいっしょにしたのでは、嫁がかわいそうです。夫の好きな食べ物を、年寄りが好むと …

no image

赤ちゃんのイタズラをどこまで許すか?

おばあちゃんに育児をお願いすることはあっても、あくまでもお母さんが育児の責任を持つという姿勢が大切です。そして、おばあさんも、母子の関係がしっかり結びつくように、お母さんを援助してほしいです。 おばあ …

no image

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。 …