スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

愛情のこもったスキンシップを与えるようにしよう

投稿日:

赤ちゃんがこの新しい世界で変化に適応し成長するためには時間が必要です。赤ちゃんは次第にあなたの体臭や体温に慣れ、あなたの声や抱き方にも親しんでくれます。あなたの胸の中で緊張が解きほぐれ、赤ちゃんは新たな満足を感じるでしょう。泣いて手に負えないこの時期に、あなたは赤ちゃんが必要とする愛情のこもったスキンシップを与えることができるのです。

あなたの赤ちゃんは、自分の体で何かが変化していることに気付いて不安になり、あなたにもつとスキンシップを求めている。緊張しているこの時期に、赤ちゃんをしっかり抱いてあげることは、赤ちゃんを安心させる最高のスキンシップになります。できるだけ胸に抱き上げて、赤ちゃんが求めているスキンシップを与え、しっかりあやしてあげましょう。

赤ちゃんを上手にあやしたいのなら、ソフトなリズムが効果を発揮することもあります。赤ちゃんを腕にしっかり抱いて、赤ちゃんの頭をあなたの胸につけて下さい。この姿勢はあなたの心臓の音を聞いて、赤ちゃんが安心できるのです。

スキンシップをしてあげることは救いの手

泣いて手に負えないこの時期に、スキンシップをしてあげることは赤ちゃんにとって救いの手となり、大声で泣きわめく赤ちゃんはあなたが近くにいるだけで、すぐに反応して安心することを忘れないで下さい。もし、うまく赤ちゃんが泣き止んだなら、家事をしている時も赤ちゃんを抱き帯に入れて歩き回ったりし、読書をしている時や座って仕事をしている間も、腕に抱いてあげましょう。

これ以外にも、泣いて手に負えない時、赤ちゃんをうまくあやすための実践的で簡単な方法を紹介しておきます。赤ちゃんを抱き上げて愛撫してやる。両腕の中でやさしく揺らしてやったり、赤ちゃんを抱いてロッキングチェアーに座る。赤ちゃんを抱いて、ゆっくり輪を描くように歩いてやる。赤ちゃんに話しかけてやったり、歌を歌ってやるなどの方法があります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

黙っていてもわかり合うことができる関係に

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ …

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …

no image

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こ …

no image

子供の怪我をいつまでも怖いとばかり言っていてはダメ

活動的な子どもは、それだけけがを多くします。いろいろなけがの体験は、それに対しての注意力を養うのには大切なことで、それによって、大きなけがを防ぐことができるのです。小さなけがをしたことから、だんだんに …

no image

どうか頭ごなしに叱らないで

よいお母さんやお父さんは、子どもの気持を汲みながら教育をすることができるようになろうと、子どものことについて勉強する人です。子どもを教育する以上、子どもについて勉強するのは当然のことといえましょう。両 …