スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

愛情のこもったスキンシップを与えるようにしよう

投稿日:

赤ちゃんがこの新しい世界で変化に適応し成長するためには時間が必要です。赤ちゃんは次第にあなたの体臭や体温に慣れ、あなたの声や抱き方にも親しんでくれます。あなたの胸の中で緊張が解きほぐれ、赤ちゃんは新たな満足を感じるでしょう。泣いて手に負えないこの時期に、あなたは赤ちゃんが必要とする愛情のこもったスキンシップを与えることができるのです。

あなたの赤ちゃんは、自分の体で何かが変化していることに気付いて不安になり、あなたにもつとスキンシップを求めている。緊張しているこの時期に、赤ちゃんをしっかり抱いてあげることは、赤ちゃんを安心させる最高のスキンシップになります。できるだけ胸に抱き上げて、赤ちゃんが求めているスキンシップを与え、しっかりあやしてあげましょう。

赤ちゃんを上手にあやしたいのなら、ソフトなリズムが効果を発揮することもあります。赤ちゃんを腕にしっかり抱いて、赤ちゃんの頭をあなたの胸につけて下さい。この姿勢はあなたの心臓の音を聞いて、赤ちゃんが安心できるのです。

スキンシップをしてあげることは救いの手

泣いて手に負えないこの時期に、スキンシップをしてあげることは赤ちゃんにとって救いの手となり、大声で泣きわめく赤ちゃんはあなたが近くにいるだけで、すぐに反応して安心することを忘れないで下さい。もし、うまく赤ちゃんが泣き止んだなら、家事をしている時も赤ちゃんを抱き帯に入れて歩き回ったりし、読書をしている時や座って仕事をしている間も、腕に抱いてあげましょう。

これ以外にも、泣いて手に負えない時、赤ちゃんをうまくあやすための実践的で簡単な方法を紹介しておきます。赤ちゃんを抱き上げて愛撫してやる。両腕の中でやさしく揺らしてやったり、赤ちゃんを抱いてロッキングチェアーに座る。赤ちゃんを抱いて、ゆっくり輪を描くように歩いてやる。赤ちゃんに話しかけてやったり、歌を歌ってやるなどの方法があります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が膝に乗るのは情緒の不安を解消する場であるから

幼時期後半(三〜五歳)もひざにのることは残ります。幼稚園から帰ってきたときに、ちょっとひざにのせてあげるだけで、幼稚園でのつらい経験とか緊張感を、自分で解消できるのです。その意味で、お母さんのひざは、 …

no image

親は偉いと思い込むことは危険

多くの両親は微慢です。「お母さんだってやってるくせに」などといわれると、頭にきてしまいます。そして、「人のことをっベこベいうな?」と大声をあげるばかりでなく、手を振り上げるかも知れません。真実に対して …

no image

生きるうえで欠かすことのできない大切な要素

お母さんのお腹の中から私たちはすでに成長し続けている。お腹の中での一日は一七〇〇年の進化といわれています。それは生まれてからも続きます。月齢、年齢に応じて成長し、発達し、一人前の大人へと順番・順序を経 …

no image

経済的豊かさが幸福の基軸といった価値観ではつらい

この先は風の時代になっていくと思います。そうなると経済的にどう豊かになるか以上に、個人としてどう幸せに生きていくかに、価値観の基準は移っていくでしょう。この先、従来のような「経済的豊かさが幸せの基軸」 …

no image

赤ちゃんがあなたに何かを語りかけようとする時

生後六週日が過ぎると、赤ちゃんでも体に触られることがはっきり分かって、意識するようになります。赤ちゃんを訪ねてくる人みんなに愛撫を受けると、赤ちゃんにとって刺激が強すぎる、こともありますが、逆に、その …