スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

極度のあがり症で結婚式が怖い

投稿日:

私は極度のあがり症なんです、と語るある女性。結婚することはとても幸せなことですが、結婚式がイヤなのです。そのことを思うと夜も眠れません。相手のお客さまもあきれるほどあがりまくって、真っ赤になった顔のみにくい自分が見えるのです。

カメラを向けられるのも、人前に立つのも病気になるほどキライなのです。あがって緊張するくらいならいいのですが、赤面症でゆでダコみたいになってしまうのです。そんな私が、あれほどキラッていた結婚式をしなければならないとは。

好きな男の子の前ですっかりあがってしまい、おまえ、震えてんじゃないの?と、彼から指摘され、死んじゃいたい思いに駆られたことがあります。ほかの人はそんなことくらい、といいます。でも、私は真剣です。相手の人にそのことだけが悪くて、こんな自分が情けないと落ち込んでしまうのです、とのこと。

ええカッコしたい

かくいう私も、あがり症ですりし、カメラに向かって笑うのが何よりも苦手です。無意識のうちにブザマな姿を見られたくないという気持ちが働いているのでしょう。あがるというのは、自分をよく見せたいと思うため、緊張して、ふだんとは違った様相を呈してしまう状態である、と何かの本で読んだことがあります。つまり、ええカッコしたい場においてあがってしまうらしいのです。

長年つちかわれた。あがり症体質は、そう簡単には変えられません。しかし、まあ、これらを振り返ると、自分自身は顔から火が出るほどの恥ずかしい経験はあったが、周りの人間にとっては、じつは、たいしたことではなかったのじゃないかいうことなのです。

死ぬほど恥ずかしい思いというのは、当事者の自意識上だけの問題であり、意外と人のことに寛容だったり無関心だったりするのです。ああ、あがりやすい人なんだなと納得するだけのことです。あがって赤い顔するなんて、生きてく価値もない恥知らずだと思うような人間は、ほとんどいないと思います。当日まで何にも考えずに過ごし、その日だけ思いっきりあがる、これでよいと思います。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひ …

no image

彼女の持ち物をほめるのは簡単ではない

女性の気を引くためにブランドを研究していて、「そのジャケット、アナスイだね」とか「そのバッグ、本物のフェラガモだね」とかやっている男がいる。ご苦労なことだが、そんな男は、女性からすれば「それがどうした …

no image

わがまま人間はわがままな人を嫌い我慢人間のところへすり寄ってゆく

ワガママ人間はワガママ人間を嫌い、我慢人間のところへすり寄ってゆく。結局、今の若い女の子のワガママさは、若い男の子の物わかりの良さと、中年男のスケベ根性が原因。嫌われることを恐れる余り、物わかりの良い …

no image

恋愛におけるムード戦略は逆効果になることのほうが多い理由

最初の関門は、デートコースをどう設定するか。男は、女をできるだけムーディーなスポットに誘おうとする。キャンドルライトがゆらめくイタリアンレストラン。街の夜景を見下ろす高層ビルのバー。しかし、結論を先に …

no image

教養は必要か-彼の話が理解できない

先日、彼と彼の友人三人とお酒を飲んだときのことです。私にはよくわからない話が出てきました、と語るある女性。 教養、って何ですか?人を好きになる、あるいは好きになってもらう資格のひとつに教養は必要ですか …