ニキビ

アダルトニキビが増えている原因や特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビは、毛穴の部分に皮脂やアカなどの汚れが詰まってできます。十代になって第二次性徴が始まり、性ホルモンの働きが活発になると、皮フにある皮脂腺からの分泌が増え、これが毛穴につまってニキビになっていきます。ある美容皮フ科・美容外科の専門クリニックでは、思春期のニキビに加えてアダルトニキビの治療を希望して来院される方が増えてきています。

いまや、ニキビ治療は十代だけのものではなく、二十代、三十代、四十代まで必要なものとなってきているのです。この傾向は年々強くなっていて、現在では、アダルトニキビの患者さんが思春期のニキビの患者さんより多くなっているほどです。

思春期の男女の約八〇%がニキビを経験するとも言われ、ニキビは「誰もが青春時代に一度は悩まされることの多い皮フ疾患」の代表といえるでしょう。ニキビがもっとも発症しやすい時期は十代なので、かつて「二十歳過ぎれば吹き出物」といわれたように、十代特有の皮フ疾患というイメージが浸透していました。しかし、近年になって、二十代以降の大人にもニキビで悩む人が目立って増えてきました。

思春期ニキビと比較して女性の割合が高い

アダルトニキビは、疾患の症状としては思春期のニキビと同じですが、思春期ニキビと比較して女性の割合が高い、メイクをする機会が多いので、こまめな洗顔などができない、仕事のときメイクをしなければいけないので塗り薬を使えない、仕事や家事などで生活が不規則になりがち、思春期ニキビと比較して長期にわたって発症することが多いなどという特徴があります。

健康雑誌や女性誌では、数年前から「アダルト・ニキビ」という呼び方で、この二十代以降の大人のニキビについての特集がいくつも組まれてきているので、御存知の方や、また自らが悩んでいる方も少なくないでしょう。思春期ニキビでは治療を希望する重症例は男性のほうが多いのに対し、アダルトニキビの重症例は大半が女性だという傾向もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加