スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ああしろ、こうしろと言葉で気持ちを遮断してしまってはダメ

投稿日:

自ら成長していく力は植物自身がすべてもっている。そこに不備はない。だからそれを信じていけばよい。これは子育てにも通じる根本の原理だと思います。トマトの声を聴き、必要なものを与えてあげることで小さな種が一万数千個もの実をつけた巨木になっていったのと同様、子どもの声を聴き、心の欲するものを満たして甘えさせてあげれば、子どもの心のエネルギーはムクムク高まり、自らの力で成長していくようになるでしょう。

物心のつく前の苗のときに、どんどん成長していっても必要なものは十分に入ってくるんだという安心感をトマトに与えてやること、トマトにとって母親である育てる側は、トマトの成長力を信頼し、疑わないことが大切。

甘えられる関係をつくってあげないで、一方的に「ああしろ、こうしろ」「それはダメ、いけない」と言葉で気持ちを遮断してしまって、立派な子に育てと言ってもそれは無理です。子どもの伸びる力を信じて、子どもがすくすくと伸びていけるように会話で存分に甘えさせてあげる。その積み重ねでしか子どもは立派になっていくことはできません。

すべて許し、すべて認めて受け入れ

すべて許し、すべて認めて受け入れ、どこまでも味方して応援する。子どもをどこまでも信じきる。これが父親・母親の風格というものだと思います。「私にはそんな大変なことできないわ」「時間がないし、忙しいからとてもそこまで手をかけてあげられない」と思ったら、子育てはそこでおしまいです。

「あなたが大好き」「何があっても味方してあげるよ」「あなたは大事な宝物だよ」「あなたは絶対に間違っていない」という気持ちをもって、子どもの言葉を受け止めてあげてください。「あなたの気持ちは絶対正しい。あなたの人生はあなたのものなんだから、あなたがそう感じているなら間違ってないのよ」、このように全部を容認してあげられる存在が親だと思います。

わが子を立派ないい子にしたいと願うのであれば実践あるのみ、実行したもん勝ちなのです。「お母さんがやってあげて、子どもが喜び、素晴らしい子に育っていってくれたら、それはお母さんの喜びにもなるはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

子どもの自発性の発達の遅れ

自発性の発達のおくれは、おとなしくて、親のいうことをよくきいてきた子どもの場合です。いたずらをしたり、暴れたり、けんかをしたりすることは「悪い子」のすることだーという価値観が植えつけられていますから、 …

no image

赤ちゃんに言葉を覚えさせる最良の方法

赤ちゃんに言葉を覚えさせる最良の方法は、たくさんの言葉を語りかけることです。どんな時にも赤ちゃんの名前を呼びかけ、テーブルにお皿を置く時にもパンがほしいの?と尋ねたりして、さまざまな質問をしてあげまし …

no image

子育てに不安を感じているお母さん達へ

子育て世代の親御さんたちは、ご自身が成長する過程でも常に人からの評価を意識して育ってきています。学校や先生に評価され、親からも評価され、人の日で見て動くことが多かったことで、「自分は自分のままでいい」 …

no image

家事の時でも子供と遊ぶことはできる

お母さんが、ちょっとでも子どもと遊ぶ心を持っていれば、仕事をしていても、それが短い間であっても、子どもと遊ぶことができます。それが、子どもには、お母さんから暖かく受け入れられたという気持を起こさせ、お …