スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ああしろ、こうしろと言葉で気持ちを遮断してしまってはダメ

投稿日:

自ら成長していく力は植物自身がすべてもっている。そこに不備はない。だからそれを信じていけばよい。これは子育てにも通じる根本の原理だと思います。トマトの声を聴き、必要なものを与えてあげることで小さな種が一万数千個もの実をつけた巨木になっていったのと同様、子どもの声を聴き、心の欲するものを満たして甘えさせてあげれば、子どもの心のエネルギーはムクムク高まり、自らの力で成長していくようになるでしょう。

物心のつく前の苗のときに、どんどん成長していっても必要なものは十分に入ってくるんだという安心感をトマトに与えてやること、トマトにとって母親である育てる側は、トマトの成長力を信頼し、疑わないことが大切。

甘えられる関係をつくってあげないで、一方的に「ああしろ、こうしろ」「それはダメ、いけない」と言葉で気持ちを遮断してしまって、立派な子に育てと言ってもそれは無理です。子どもの伸びる力を信じて、子どもがすくすくと伸びていけるように会話で存分に甘えさせてあげる。その積み重ねでしか子どもは立派になっていくことはできません。

すべて許し、すべて認めて受け入れ

すべて許し、すべて認めて受け入れ、どこまでも味方して応援する。子どもをどこまでも信じきる。これが父親・母親の風格というものだと思います。「私にはそんな大変なことできないわ」「時間がないし、忙しいからとてもそこまで手をかけてあげられない」と思ったら、子育てはそこでおしまいです。

「あなたが大好き」「何があっても味方してあげるよ」「あなたは大事な宝物だよ」「あなたは絶対に間違っていない」という気持ちをもって、子どもの言葉を受け止めてあげてください。「あなたの気持ちは絶対正しい。あなたの人生はあなたのものなんだから、あなたがそう感じているなら間違ってないのよ」、このように全部を容認してあげられる存在が親だと思います。

わが子を立派ないい子にしたいと願うのであれば実践あるのみ、実行したもん勝ちなのです。「お母さんがやってあげて、子どもが喜び、素晴らしい子に育っていってくれたら、それはお母さんの喜びにもなるはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

お母さん自身が愛情という心のご馳走をもらっていなければ

あるお母さんは、小学校三年生になるお嬢さんが人間関係がうまくつくれず、そんな自分を責めて自虐的な行為を繰り返すようになってしまったという。お嬢さんには大きな期待をかけ、激しく叱りつけながら、ご自分の期 …

no image

母親は子育てのつらい現実を誰にも打ち明けることができない

お母さんが身も心も不安定な時期に、頼みもしないアドバイスを受けると、ますます心が焦り、攻撃的な気分になって、夫にそのはけ口を求めようとします。ときには、神経質になっている赤ちゃんが、そんな母親の精神的 …

no image

新生児は目が見えないと考えられていたが

少し前まで、科学者や医師たちは新生児の目が見えないと考えていましたし、今でもそう信じている人もいます。これはとんでもない間違いです。多くの母親はこの考え方に、ずっと反対してきましたが、後にそれが正しい …

no image

我慢する力をしつけているか

子どもの持ち物はできるだけ質素なものを選び、険約を教えましょう。さらに、家事への参加も求めましょう。小学校低学年の子どもは、調理などには積極的な興味を示します。ていねいに教えれば、日曜日などは、子ども …

no image

成功するために失敗を体験させることも大事

もし、子どもがそば屋さんのまねをしていて食器を落としてこわしてしまったとしたら、どのように扱ったらよいでしょうか。そのような冒険心の現われに喜びを感じている両親であれば、そば屋さんの持ち方ができるよう …