スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

哲学入門

アートマン(自我)の存在するということが直観によって知られる

投稿日:

アートマンが直証されるものであるということは、後世ミーマーンサー学派のうちクマーリラ派の説くところであり、ブラメーカラ派の哲学説との相違点を構成している。

アートマン(自我)の存在するということが直観によって知られるということは、すでに古くヴァイシェーシカ(Vaseka)哲学の主撃したところであるが、初期のヴェーダーンタ学者ウパヴァルシャならびにその学徒が特に強調したものとして知られている。その説によると、アートマンは推論あるいは論証によってその存在の推知され得るものでもなく、また「聖典に説かれているから」という理由で、その存在を信ずべきものでもなくて、万人が自我意識によって直証し得るものなのである。

何人にでも「自分は痛せた」あるいは「自分は認識する」というような自我意識が存在するから、このような意識の成立する基体としてアートマンなるものの存在を、われわれは、容認せざるを得ない。「意識する」という事実が、アートマンの存在を証明しているというのである。

アートマンの存在の証明を手がかりとして

デカルトが主張しているのとほぼ同じ議論が、インドではすでに中世にシャンカラ(八世紀前半)によって述べられている。シャンカラは、アートマンの存在の証明を手がかりとして絶対者(ブラフマン)の存在の内省的証明を述べている。近世西洋における自我の自覚に基づく自我の存在の論証と著しく類似していると言い得る。

かれは『アートマンを否認することはできない』といって、その理由として『何となれば、否認する人その人のアートマンなのであるかと説いている。アートマンはまさにアートマン(自己)であるが故に、それを否認しようとする考えは成立し得ない。

『あらゆる人はアートマン(自己)の存在することを意識する。決して「われは存在しない」とは考えない。実に、もしもアートマンの存在が確定していないのであるならば、一切の人々はここまでの議論は、デカルトの自我の存在の論証を思わせるものがある。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでは

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでーは、個の問題を解決しない。わが子が亡くなったのを嘆いて、恐山の地蔵尊に詣でている農婦の悩みは、絶対精神の理論や史的唯物論を百万遍説いて聞かせても、解決され得ない …

no image

男に関係するすべてがプラスの価値をもっている

トランクスをはいている若い女性はファッショナブルであるけれど、ブラジャーやパンティーを身につけている青年は「変態」である。ミルク飲み人形の髪をとかしお母さんごっこばかりする男の子に親は心を悩ませる。 …

no image

伝統的保守的仏教における個人存在に関する見解

感受作用(vedana受)、表象作用(sanima想)、形成作用(sanskara行)、識別作用(vimana識) 物質的なかたち(rapa色)、これらの五種類の構成要素(五確)はつねに変遷しているが …

no image

自我の自覚から導き出される結論

迷いの無い最高我というものが実際に存在するであろうか?それも抽象的思惟によって構成されただけのものではなかろうか?自我の自覚から導き出される結論は、われわれが〈自我〉とか〈自己〉として自覚するものが否 …

no image

われわれは近代的な自我観を確立せねばならない

われわれは近代的(つまり西洋的)な自我観を確立せねばならぬ。ーこれがわが国の知識人一般のあいだの了解である。そこで近代の自我観に〈右へならえ〉をせよ、ということが合ことばになって、今日にまで至っている …