スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

七歳から九歳にかけての子供

投稿日:

子どもの欲求をきちっと断ることにしましょう。これには、根くらべしかないのです。根くらべに負けると、子どもの欲望はますますエスカレートするでしょう。そして、自己中心的、つまり、わがままいっばいの子どもになって、両親には手がやける子どもになり、とくに思春期以後になると、両親が暗闇につき落とされるようなことになりかねません。

また、お母さんに「甘える」ことのない子どもは、お母さんとの緊密な関係ができ上がっていない疑いがあります。しっかりしているように見えますが、それは無理をしているのです。ですから、機会を見て、身体接触をすること、つまり、ひざにのせたり、添い寝をするなどによって、お母さんに「甘える」ことができるような子どもにしましよう。

自発性が順調に発達してきたかどうか、生活史の中での「探索行動」と「第一反抗期」がちゃんと現わたかどうかの点検が必要になります。さらに、幼稚園で友だちとよく遊び、けんかをよくしたかどうかも問題です。このような点検をしてみて、原因が明らかになったとき、つまり自発性の発達がおくれていることがわかったならば、自発性が発達するように、生活上の一切を子どもに「まかせる」ことが大切です。

七歳から九歳にかけて

次に七歳から九歳にかけて。この時期が、ギャングエイジであり、両親に対しては「口答え」の多い時期、「中間反抗期」です。ところが、友だちが少なく、友だちと遊ぶより一人遊びが好きだという子どもがいれば、友だちといきいきと遊ぶことのできる子どもにする努力が必要です。さもないと、思春期になって孤独となり、いろいろな問題を起こす危険性があるのです。

親のいうままに動いていた子どもこれをオートマチック・チャイルドと呼んでいますが、お母さんに「無言の行」が始まると、何もできなくなってしまいます。まかせるというのは、口を出さない、手を貸さないという養育態度です。とくに「無言の行」がおすすめ。「無言の行」とは、子どものしていることを見ていながら、口を出さない、手を貸さないということを徹底することをいいます。

寝坊をする、学校に遅刻する、宿題はしない、忘れ物は多くなる、学校から帰るとぶらぶらしているこのような状態になります。恐らく見ていられなくなって「口出し」が始まるでしょう。それではもとの木阿弥になってしまいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供に失敗を体験させよう

子供に失敗の体験をさせよう。もし、破損しそうになったときには、「こうすればこわれないよ」といって、その扱い方を教えます。そのとき、いっしょに手を添えて教えることもよいでしょう。しかし、それにも耳を貸さ …

no image

子どもの死因でかなり多いのは「不慮の事故」

山をのぼり始めて間もなく、「何でこんなことをさせるのかよう」とくってかかる子どももいる。このような子どもは、ちょっとした困難に出あっても、すぐに挫折してしまうでしょう。どうか、休日などには自然の中に連 …

no image

子供を叱ってもきかない・直らない場合

叱っても直らず、ほとほと困り果てている親御さんたちのご様子が伝わってきて、改めて子どもを育てることの大変さを思います。でも親にとっての子どもの困った行動には、すべて理由があるものです。その理由を考えて …

no image

赤ちゃんがいつまでも泣き止まない原因

心が慰められなければ、本来ならびっくりするような新しい世界を見つけ出すためにうまく使われるべき赤ちゃんのエネルギーが、泣くこと、によってすべて浪費される。赤ちゃんは心が発達するたびに、急速な成長がみら …

no image

幼稚園の自由保育はメリットが多くおすすめ

自発性の発達のおくれている子ども、すなわち過保護や干渉の多い中で育った子どもは、自由保育の中ではお友だちとよく遊べません。うろうろしていたり、ぼんやりしています。お友だちと遊んでいるように見えても、自 …