スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

4大メガバンクの下で再編が進み母体行との間で相乗効果

投稿日:2019年9月9日 更新日:

4大メガバンク(みずほ、三井住友、LFJ、三菱東京)の誕生の影響で、系列のカード会社の再編も進み、銀行との関係が一層緊密になったが、その過程で消えたブランドもある。一方、自動車、電気、通信、交通など各分野の大企業がカード事業に本格的に参入を開始し、さらに、消費者金融専業者も揃ってクレジットカード事業を手がけ始めたために、市場はさらに拡大したが、競争は一層熾烈になっている。

クレジットカード業界は、50年の歴史の中で、初めてといっていいほど広範囲にわたって、量的、および質的な面で転換点を迎えている。その革命の嵐のなかで、クレジットカード各社は体力と知力が試されつつある。その結果、21世紀に残る会社と消える会社の輪郭が次第に見え、勝ち組負け組がはっきりしてきた。変革期とはまた、淘汰の時代をも意味している。

また、1T革命の進行はブロードバンドの普及やICカード、携帯電話で決済できる仕組みの登場をもたらし、利便性を向上させているが、同時に、カードを取り巻く環境やカードビジネスの仕組みを根幹から変える可能性を秘めており、一時も日が離せない。クレジットカード業界は、いま、未曾有の変革期を迎えている。その変化は金融革命とIT革命という2つの革命によってもたらされた。

UFJカードへの参加を見送った

三菱東京グループは、DCカードを連結対象会社に昇格させリテール戦略の中心に位置づけた。みずほグループは、2002年4月にUCカード、第一勧銀カード、富士銀クレジットを統合して新会社UCカードをスタートさせた。同じグループとみられたJCBは、国内唯一の国際ブランドホルダーという立場にこだわり、中立的立場に立っためUFJカードへの参加を見送った。

大きく姿を変えつつあるのが、銀行系カード各社である。まず、三井住友グループの誕生にともない、2001年7月1日に住友カードとさくらカードのVISA・マスター部門が統合されて業界トップクラスの三井住友カードが生まれた。UFJグループでは、三和銀行系のフィナンシャルワンカードとミリオンカードサービスが合併して2002年1月にUFJカードとなった。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

調査嘱託申立ては裁判所に申立書を提出して行う

原告が、銀行等の金融機関の預金口座からの引落しにより返済をしている場合や、預金口座への振込みによって貸付けを受けていた場合、原告の預金口座のあった取引金融機関に対する調査嘱託を申し立て、貸付けと返済の …

no image

商工ローン業者の手形貸付けに関して極度額を基準としたもの

裁判例において、信販系業者とのクレジットカード利用契約について、すべての借入れを一体としてとらえ、一口一連の金銭消費貸借契約であると認定したうえで、利率について借入限度額を基準としたもの、商工ローン業 …

no image

訴状作成方法のポイント

・訴状作成のポイント 請求の原因の中の、消費貸借契約の特定、取引履歴の内容、利息の請求の根拠の記載について注意すべきポイントは何ですか?過払金返還請求訴訟の訴状を作成する際、当事者の選定や請求の趣旨の …

no image

信販系カードは提携カードの数と種類が多いのが特色

2002年には銀行が直接発行する一部のクレジットカード(バンクカードなど)にもリボ、分割払いが認められたために、他系列とのハンディキャップは完全に解消された。これによって、欧米のように銀行が直接クレジ …

no image

販売信用の規模は消費者信用産業全体の約50%を占めている

現在、販売信用はカードショッピングが7割近くを占め、個品割賦は3割程度となっており、さらにカードショッピングが増加傾向にある。ショッピングクレジット(個品割賦)は11兆6669億円でこちらは24%の減 …