スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

三歳以降のしつけで叩くよりも生きてくるのが言葉の力

投稿日:

三歳を過ぎると、歯磨きができる、ひとりでお着替えができる、挨拶や「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるなど、生活習慣や礼儀についても身につけさせていきたい時期です。これは裏返すと、お母さんの「ダメ」「いけない」「何やってるの!」が増えやすくなると同時に、きちんとしつけなければとの思いが強くなり、叱るしつけが横行しやすくなるということにもなります。

好奇心の赴くままに行動していたそれまでとは異なり、「これがしたい」「これはしたくない」といった自分の意思をもって、目的に向かって積極的に、自発的に行動するようになります。お友達とのケンカや自分を主張するということも多くなっていくでしょう。そこでやっていいことといけないことの善悪を教えたり、社会のルールや公共心などを教えていくことも必要になってきます。

そこで生きてくるのが言葉の力です。この時期にしつけ優先で厳しく叱りつけたり、ガミガミと小言が多くなってしまうと、自分の意思や感情を出すのは悪いことといった気持ちを子どもに植え付けてしまうばかりか、「お母さんは自分のことを好きじゃないんじゃないか」といったお母さんの愛情への不信感を芽生えさせてしまうことになります。

私はいつでもあなたの味方だからね

また、小学校の高学年ぐらいから始まるのが思春期です。五~六年生、中学生、高校生ぐらいまでの思春期の子どもたちに伝えていきたいのは、親の「私はいつでもあなたの味方だからね」という言葉です。何を言っても、頭ごなしに「それは間違っている」「なんでそんなことをしたのP」と言われずに話を受け止めてもらえる、気持ちをわかってもらえるという安心感を与えてあげ、子どもを信じてしっかり見守ることです。

子どもの気持ちや感情にしっかり耳を傾けて聴いてあげ、「あなたのことが大好き」とたくさん伝えながら、「私メッセージ」や過去形、あとよし言葉などを使って、子どもの積極性や自発心を損なわないようにしつつ善悪や正邪を伝え、なおかつ「自分はできる!」という自尊感情や有能感を育んでいきましょう。

「大好き」「宝物よ」を面と向かって言われても、思春期の子にとってはこそばゆいだけです。その思いは忘れずに、親はいつでも自分の味方だと子どもが信じることができるように、言葉で具体的に「あなたは間違ってない」「あなたは正しい」と伝えてあげてください。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …

no image

ギャングエイジの体験の子供には必要

二人あるいはそれ以上の子どもたちが仲よくなり、秘密を作って守り合う状態が生じます。その秘密の内容は、いたずらであったり冒険であったりしますが、それを親や先生に内緒にすることを誓い合う。もちろん、それは …

no image

子供の喧嘩を裁判のように裁いてはいけない

引っ込み思案の大きな原因は、親から過保護を受けたことにあるのです。子どものけんかには親が出るなーということは、くり返しくり返し叫ばなければなりません。 子どものけんかの原因は、ちょっと手がさわっただの …

no image

日本人の女性は自発性を抑圧された環境に育っています

夫である男性の中には、子どものことはお前にまかせたなどと放言している人が少なくありません。夫であり父親である男性に、根強く残っています。こうなれば、話し合いなどはできるはずがありません。新しい家庭の父 …

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …