スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

三歳から四歳にかけてのしつけのポイント

投稿日:

三歳から四歳にかけて年齢は、自分の欲望ばかりいい張らずに、大人の要求をきき入れる部分が多くなってきます。その点で、このころにお友だちと接触する機会を与えることが必要になります。お友だちを与えてみますと、興味を示しますが、初めはお母さんのそばから離れようとしないでしょう。赤ん坊っぽさから抜けて、だんだん兄・姉らしさが芽ばえてくる時期に当ります。その特徴として、お友だちに興味を持ち、いっしょに遊ぼうとする気持が強くなってきます。

しかし、お友だちと接触する機会を重ねているうちに、だんだんとお母さんから離れてお友だちと遊び、そうした遊びが楽しくなって、ついには積極的にお友だちを求めるようになるーという経過をたどります。

お母さんからすぐに離れて、お友だちの中に入っていく子どもがいます。そうした子どもが三歳前後であるときには、一応、それまでの身体接触が少なかったために、にせの独立を示しているのではないかと疑ってみて下さい。そして、ひざにのせるなどの身体接触を多くしてみましょう。

お母さんから離れようとしないならば

もし、いつまでもお母さんから離れようとしないならば、過保護に扱ってきた証拠ですから、どのようなことで手を貸していたかを点検して、子どもに「まかせる」部分を多くしていきましょう。その結果、自発性が発達するにともなって、お友だちと遊ぶことのできる子どもに変ります。

その結果、お母さんにべたつくことが多くなれば、にせの独立であったことがはっきりします。
身体接触をしてみてもとくに変化がないようでしたら、すでにお友だちと積極的に遊ぶ気持が育ってきているとみてよいでしょう。そのような子どもは、兄や姉にもまれていたり、比較的早くからほかの子どもの中でもまれている子どもです。順調に育っているとみてよいでしょう。

また、四歳から六歳にかけてこの年齢の子どもの人格形成が順調に行われている姿はどのようなものでしょうか。お友だちと遊ぶことを楽しみにする姿をあげることができます。ですから、幼稚園や保育所に通っている子どもは、それが楽しみで、朝も元気よく登園するでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

母の愛情が不足していると子供はわがままになってしまう

ただ単に事柄だけをやってもらっても、お母さんから愛されている実感をもつことはできません。「自分のことが大好きだからやってくれている」という思いがもてなければ心は満たされることなく、お母さんの愛情を確認 …

no image

新生児が微笑みを見せてくれたら

世界のどの国でも、新生児は生後六週日までに、初めて微笑みを見せてくれます。子宮内にいる胎児のにっこり微笑んでいる写真さえ残されているほどですが、まだ小さな赤ちゃんの微笑みを見ることは母親にとって貴重な …

no image

出産直後の赤ちゃんとの時間

母親は何よりもまず、赤ちゃんを上手に取り扱うことに自信をつけること。そして赤ちゃんの要求に応えてあげることのできる十分な感受性を身に付けることが大切です。赤ちゃんを腕に抱いてあげるだけでなく、母親は自 …

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …

no image

父と息子の確執から人生の挫折

ある青年はどうも途中で仕事をやめてしまう自分を何とかしたくて、ある相談所にみえました。教育パパということもあり、出世街道まつしぐらの優秀な企業戦士。青年が大学受験のとき、剣道の副主将を務め、卒業のとき …