スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

三歳から四歳にかけてのしつけのポイント

投稿日:

三歳から四歳にかけて年齢は、自分の欲望ばかりいい張らずに、大人の要求をきき入れる部分が多くなってきます。その点で、このころにお友だちと接触する機会を与えることが必要になります。お友だちを与えてみますと、興味を示しますが、初めはお母さんのそばから離れようとしないでしょう。赤ん坊っぽさから抜けて、だんだん兄・姉らしさが芽ばえてくる時期に当ります。その特徴として、お友だちに興味を持ち、いっしょに遊ぼうとする気持が強くなってきます。

しかし、お友だちと接触する機会を重ねているうちに、だんだんとお母さんから離れてお友だちと遊び、そうした遊びが楽しくなって、ついには積極的にお友だちを求めるようになるーという経過をたどります。

お母さんからすぐに離れて、お友だちの中に入っていく子どもがいます。そうした子どもが三歳前後であるときには、一応、それまでの身体接触が少なかったために、にせの独立を示しているのではないかと疑ってみて下さい。そして、ひざにのせるなどの身体接触を多くしてみましょう。

お母さんから離れようとしないならば

もし、いつまでもお母さんから離れようとしないならば、過保護に扱ってきた証拠ですから、どのようなことで手を貸していたかを点検して、子どもに「まかせる」部分を多くしていきましょう。その結果、自発性が発達するにともなって、お友だちと遊ぶことのできる子どもに変ります。

その結果、お母さんにべたつくことが多くなれば、にせの独立であったことがはっきりします。
身体接触をしてみてもとくに変化がないようでしたら、すでにお友だちと積極的に遊ぶ気持が育ってきているとみてよいでしょう。そのような子どもは、兄や姉にもまれていたり、比較的早くからほかの子どもの中でもまれている子どもです。順調に育っているとみてよいでしょう。

また、四歳から六歳にかけてこの年齢の子どもの人格形成が順調に行われている姿はどのようなものでしょうか。お友だちと遊ぶことを楽しみにする姿をあげることができます。ですから、幼稚園や保育所に通っている子どもは、それが楽しみで、朝も元気よく登園するでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

ああしろ、こうしろと言葉で気持ちを遮断してしまってはダメ

自ら成長していく力は植物自身がすべてもっている。そこに不備はない。だからそれを信じていけばよい。これは子育てにも通じる根本の原理だと思います。トマトの声を聴き、必要なものを与えてあげることで小さな種が …

no image

赤ちゃんの自立心が高まってきたら

赤ちゃんが扱いにくい危険な時期、はその始まりと同様に、いきなり終わりを迎えます。この時期になると、多くの母親はホッと一息ついて、子供をもった喜びに浸ることができるのです。子育ての緊張から、しばし解き放 …

no image

生後四週目くらいの赤ちゃんの特徴

生後五週目か六週目の赤ちゃんは、まだ自分が興味をもったことを行動で示すのに、とても苦労します。研究室の実験では、赤ちゃんと遊んでいる母親が映っているカラーのビデオに目の焦点を合わせようとするため、赤ち …

no image

動物の死を理解させるのも子供への教育

空腹の動物を見ていられないーその「思いやり」の気持はよくわかります。動物にはかわいそうですが、子どもに「思いやり」の心を育てるには、一時は、心を鬼にすることが大切になるのです。動物がどんなにかわいそう …

no image

赤ちゃんの体温調節をしなければなりません

パパやママは赤ちゃんの体温を調節しなければなりません。ですから、雪の降る日や冷え込む日に、長時間赤ちゃんを撃に連れ出すことは愚かなことなのです。いくら赤ちゃんの体を毛布で包んでも、体がひどく冷え切って …