スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

一年生ママにとってつらい時期

投稿日:

「ミルクが足りないのかしら?どこか体の具合が悪いの?私が何かまちがったことをしたのかしら?おむつが濡れているのかな?抱いてあげると泣き止むところをみると、抱き癖がついたのかしら?」誰しもこのような疑問を抱くものです。いつもより泣くことが多く、いつもの十倍も大声で泣いているように聞こえると、母親は平和な家庭が壊れてしまうような不安に襲われます。どんな母親でも不安になって、どうして赤ちゃんがこんなに泣くのだろうか、その理由を知りたくなります。

一年生ママ、には、とてもつらい時期で、何もできないと自らを責める人も多いようです。かかりつけの医師に相談する人もいますが、中には赤ちゃんのことで小児科医や保健婦とトラブルを起こす人までいるのです。

赤ちゃんが泣き止まない理由をはっきり見つけられずに、子育ての能がないのかと自らを疑ってみたり、赤ちゃんと同じように泣いてしまう母親もいる。さんざん手を尽くして、それでも手に負えなくなると、大泣きする原因を、たとえ赤ちゃんが痛みで身をよじることがなくても「胃けいれん」だと決め付ける母親もいます。

あなたにしがみついてきた時は

いつまでも泣きやまなかったり、あなたにしがみついてきた時は、赤ちゃんには何の悪気も意図もないことは頭で分かっていながら、やはり不倫快で甘えん坊の悪い癖だと思うかもしれません。そうでなくても、しなければならない家事は山ほどあるのに、赤ちゃんの泣き声を聞くと、まさに気が狂いそうになるでしょう。

いずれにせよ、決して絶望してはいけません。何もあなたの責任ではないのですから、赤ちゃんが泣いて手に負えないのは、赤ちゃんが新しい能力を身に付けようとしていることをあなたに知らせる手段だということ、そして赤ちゃんの身心が順調に発達している証拠だということを、心に留めておいて下さい。この月齢の赤ちゃんがよく泣くのは全く正常であり、それも一時的なことなのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

三歳から四歳にかけてのしつけのポイント

三歳から四歳にかけて年齢は、自分の欲望ばかりいい張らずに、大人の要求をきき入れる部分が多くなってきます。その点で、このころにお友だちと接触する機会を与えることが必要になります。お友だちを与えてみますと …

no image

子どもの自発性の発達の遅れ

自発性の発達のおくれは、おとなしくて、親のいうことをよくきいてきた子どもの場合です。いたずらをしたり、暴れたり、けんかをしたりすることは「悪い子」のすることだーという価値観が植えつけられていますから、 …

no image

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよ …

no image

子供から目を離す親

運転している者は、子どもに対して絶えず注意を払うことが必要で、そのためのドライバーの教育を徹底することを切に望みたいのです。不注意は、お母さんの側にあります。交通事故にあうことの最も多い子どもの年が、 …

no image

泣き叫ぶ赤ちゃんの対処法を知っておこう

自分の夫や親類の人、友人、近所の人など、誰もがママの大切な宝物をはた迷惑なうるさいチビ、だと思っていると心配する母親も多いようです。そんな人たちが赤ちゃんをもっと厳しく育てた方がいいと口を差しはさんで …