バイク

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そのものに理解が得られるから、どんなバイクに乗っても、適応性が働き、すぐに慣れることができる。そのため、安全性もより高く持てることになる。

最近は、30代や40代で免許証を取る人も多く、10代や20代で免許を取り、乗りつづけている人とでは絶対的な差が出るのはあたりまえだ。バイクは何よりも走行回数と時間を増やすことが最も大切なことであり、バイクのためにもそのほうがよいことはいうまでもない。できれば、若いうちから免許は取っておきたい。

よく若いヤツは一度転んだり、事故をおこしたりすればうまくなる、などといわれるが、バイクの恐さを知らないと、どうしても無理をしがちだ。これが、一度でも痛い目にあうとバイクに対する接し方が変わって、限界を超えるライディングはしなくなるし、テクニックを身につけようという気持ちが自然と沸いてくるもの。

休日だけしか乗らないサンデーライダー

毎日バイクに乗っているライダーと日曜日や休日だけしか乗らないサンデーライダー、とでは、そのライディングにも大きな差が出てしまう。免許を取得したばかりの人や、バイクを買ったばかりの人は、うれしいあまりに毎日でも乗り回すから、比較的早くバイクに慣れることができる。特に若い人に多くいえることだが、慣れるのも早い反面、自分のウデを過信しすぎるので、転倒や暴走、事故などを起こしやすいことも事実だ。

逆に、最初から慎重すぎてしまうような人は、転倒や事故を恐れるあまりに、ぎこちないライディングに終始してしまい、いつまでたっても上達しない場合がある。こういった人はコーナリングも楽しめずコーナーは嫌だ、ということになってしまう。こういった面からみて、サンデーライダーになる日が早い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加