スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

投稿日:

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そのものに理解が得られるから、どんなバイクに乗っても、適応性が働き、すぐに慣れることができる。そのため、安全性もより高く持てることになる。

最近は、30代や40代で免許証を取る人も多く、10代や20代で免許を取り、乗りつづけている人とでは絶対的な差が出るのはあたりまえだ。バイクは何よりも走行回数と時間を増やすことが最も大切なことであり、バイクのためにもそのほうがよいことはいうまでもない。できれば、若いうちから免許は取っておきたい。

よく若いヤツは一度転んだり、事故をおこしたりすればうまくなる、などといわれるが、バイクの恐さを知らないと、どうしても無理をしがちだ。これが、一度でも痛い目にあうとバイクに対する接し方が変わって、限界を超えるライディングはしなくなるし、テクニックを身につけようという気持ちが自然と沸いてくるもの。

休日だけしか乗らないサンデーライダー

毎日バイクに乗っているライダーと日曜日や休日だけしか乗らないサンデーライダー、とでは、そのライディングにも大きな差が出てしまう。免許を取得したばかりの人や、バイクを買ったばかりの人は、うれしいあまりに毎日でも乗り回すから、比較的早くバイクに慣れることができる。特に若い人に多くいえることだが、慣れるのも早い反面、自分のウデを過信しすぎるので、転倒や暴走、事故などを起こしやすいことも事実だ。

逆に、最初から慎重すぎてしまうような人は、転倒や事故を恐れるあまりに、ぎこちないライディングに終始してしまい、いつまでたっても上達しない場合がある。こういった人はコーナリングも楽しめずコーナーは嫌だ、ということになってしまう。こういった面からみて、サンデーライダーになる日が早い。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップ …

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …

no image

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということに …

no image

自主トレーニングはやったら休む

自主トレーニングはやったら休む。これが長く続ける秘談。回復したらまたやる。この繰り返しである。夜はできるだけ早く寝る。タバコはやらない。これは百害あって一利なし。「なあんだ、意外と平凡だな」と思われる …