スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

投稿日:

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そのものに理解が得られるから、どんなバイクに乗っても、適応性が働き、すぐに慣れることができる。そのため、安全性もより高く持てることになる。

最近は、30代や40代で免許証を取る人も多く、10代や20代で免許を取り、乗りつづけている人とでは絶対的な差が出るのはあたりまえだ。バイクは何よりも走行回数と時間を増やすことが最も大切なことであり、バイクのためにもそのほうがよいことはいうまでもない。できれば、若いうちから免許は取っておきたい。

よく若いヤツは一度転んだり、事故をおこしたりすればうまくなる、などといわれるが、バイクの恐さを知らないと、どうしても無理をしがちだ。これが、一度でも痛い目にあうとバイクに対する接し方が変わって、限界を超えるライディングはしなくなるし、テクニックを身につけようという気持ちが自然と沸いてくるもの。

休日だけしか乗らないサンデーライダー

毎日バイクに乗っているライダーと日曜日や休日だけしか乗らないサンデーライダー、とでは、そのライディングにも大きな差が出てしまう。免許を取得したばかりの人や、バイクを買ったばかりの人は、うれしいあまりに毎日でも乗り回すから、比較的早くバイクに慣れることができる。特に若い人に多くいえることだが、慣れるのも早い反面、自分のウデを過信しすぎるので、転倒や暴走、事故などを起こしやすいことも事実だ。

逆に、最初から慎重すぎてしまうような人は、転倒や事故を恐れるあまりに、ぎこちないライディングに終始してしまい、いつまでたっても上達しない場合がある。こういった人はコーナリングも楽しめずコーナーは嫌だ、ということになってしまう。こういった面からみて、サンデーライダーになる日が早い。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

タイトコーナーで重要なのはブレーキングと失速しないこと

タイトコーナーで最も重要なのは、ブレーキングはもちろんだが失速しないことである。つまり、減速オーバーにならないということだ。コーナーの入口では、2速なり3速に減速されていることはもとより、パワーバンド …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …

no image

コーナリングラインの基礎はアウト・イン・アウト

コーナーリングでは、最初はあくまでもスムーズさに重点をおいた走りをするのがコツ。アウト・イン・アウトを意識することは大切だが、それは次のステップ。すでにスムーズに走れる人は、アウト・イン・アウトをいか …